フィールドプロモーションという課題解決

フィールドプロモーションという課題解決

ブーム・メディア・コミュニケーションズが提案させていただくのは、流行に敏感で、常に時代をリードしていくオピニオンリーダーとのコンタクトポイント「C・A・F・E」を活用したフィールドプロモーションです。

何か物事が普及する際にはオピニオンリーダーの存在が必要不可欠です。 フィールドプロモーションとは、テレビや雑誌などのマス媒体ではリーチすることが難しいオピニオンリーダーに対して、 彼女ら(彼ら)のコミュニケーションフィールド(生活行動圏)上のコンタクトポイント「C・A・F・E」で世界観を体験する場所をつくり、 他メディアと連動させながら対象商品のもつ魅力をより立体的に強く伝達する手法になります。

cafe(Communication Access For Everyoneの概念)

コンタクトポイントの中心cafe(Communication Access For Everyone)

ブーム・メディア・コミュニケーションズが提案する「C・A・F・E」とは単なる喫茶スペースという場所ではなく、情報収集、人と人との感性・共感コミュニティを創造するインフラとしてとらえています。

  • 店内は勿論、スタッフがお洒落で来店者への影響力がある。
  • 仕事や買い物途中でも、気軽に入ることが出来る。
  • 来店者の約7割がF1層。
  • 飲食業態にとらわれず、様々なスペースとして使用される。

私たちはこれら「C・A・F・E」というコミュニティスペースを軸としたフィールドプロモーションのお手伝いをさせていただいています。

フィールドプロモーションの特徴は普段の客層から推測してターゲットをセグメント化できるという点(高効率化)と、ターゲットが普段慣れ親しんでいる店舗から情報を発信することで、店舗の持つブランドエクイティを活用出来る点(好印象化)にあります。

コンタクトポイントcafe(Communication Access For Everyone)設計フロー

「C・A・F・E」では、商品やサービスのすべての魅力をカスタマーに伝えるために、ツールでの表現はもちろん、リアルに体感するスポット選定から、コミュニケーション手法まで全てをBOOMスタッフがトータルにプランニングいたします。

「C・A・F・E」という空間でターゲットに対し、様々な手法で深くコミュニケーションを行う事ができます。(展開規模は各店により異なります。) 

コンタクトポイントcafe(Communication Access For Everyone)展開内容

オピニオンリーダーの集まるコンタクトポイントの施設を束ね、プロモーションを行う事ができます。 また、訴求を行うエリアでのガイドマップとして弊社が制作する「Navigator」を使う事により、エリアでの展開が更に明確になります。