店舗には、旬なトレンドや、ホットな情報を発信するという「情報発信基地」としての側面があります。
ネットが発達した今でさえ、オピニオンリーダー達は、店舗にさりげなく置かれたフライヤーやカタログの中からお気に入りを探し、街の情報を仕入れています。

彼らはアナログな中に、ネットでは埋もれてしまう、個性やセンスが存在する事を知っているからです。