インスタジェニックな「夏越ごはん」が今年も流行!? 新・行事食「夏越ごはん」認知拡大プロモーションを実施!!

公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構(以下、米穀機構)では、
一年の前半の罪や穢れを祓い、残り半年間の無病息災を願う神事として、
古来より全国の神社で行われている「夏越の祓(なごしのはらえ)」に合わせ、
新たな行事食として「夏越ごはん(なごしごはん)」を提唱。

その認知拡大の一環として、都内人気店舗で「夏越ごはん」を展開。
その他「やよい軒」全国約350店舗や、「土風炉」「鳥元」「音音」など
計40店舗においても展開が決定。

さらに、旬の野菜をたっぷり味わえる野菜料理の店「やさい家めい」の4店舗をはじめとする
都内の幅広いエリアの飲食店でも、6月中旬~7月中旬で期間提供を予定。

また今年はミシュラン東京版第1号以来、
11年連続で一つ星の格付を誇る和食界の至宝「銀座うち山」で夏越ごはんを展開し、
昨年よりもさらに広がりを見せる施策内容となります。

BOOMでは都内の人気店をアサイン、コーディネートを行いました。

●夏越ごはんとは?

「夏越ごはん」とは、夏を元気に乗り切れるよう旬の夏野菜を
「茅の輪くぐり」にちなみ丸いかき揚げにし、それを雑穀ごはんの上にのせ、
おろしだれをかけたものを基本としています。
昨年は、食材の切り方や、盛り付けで「茅の輪」の丸いモチーフを取り入れるなど、
オリジナリティ溢れるアレンジを加えたフォトジェニックな
「夏越ごはん」が多数投稿され、インスタグラムを中心に新トレンドとして広がりました。

■夏越ごはん公式ホームページ
http://www.komenet.jp/nagoshigohan/