今年も六本木アートナイト2018を開催!サントリーウイスキー「響」のアートラウンジ「ART OF BLENDING」で来場者を魅了!

六本木の街を舞台にオールナイトで開催される毎年恒例となったアートイベント、六本木アートナイト。

年に一度のこの祭典に、今年もサントリーウイスキー「響」が参加。
「ART OF BLENDING」と題し、様々な個性を持つ約300個のグラスに注がれた原種で構成された、
一夜限りのアートラウンジが出現!!

また昨年、当日予約制ながらすべての回が満席となった「テイスティングバー」を今年も設置。

『日本の自然、日本人の繊細な感性、日本の匠の技が響きあうウイスキー「響」』。

丁寧に作り分けた多彩な原酒、受け継がれるブレンドの技、
時を象徴する装い、伝統を磨き続ける日本文化との共鳴。

「響」にまつわる様々なストーリーをご覧いただきながら、
その調和のとれた優美な香味を味わえる、
アートラウンジの総合運営プロデュースを行いました。


美術館さながらの空間の中で、アートを楽しみながらウイスキーを片手に乾杯するシーン、
異空間の優美な美しさをSNSにアップするたくさんの人々。

今年も、『人とアートとウイスキーの〜響き合い〜』を演出します。

 

■インスタグラム #ART OF HIBIKI

■六本木アートナイトとは
「六本木アートナイト」は、生活の中でアートを楽しむという新しいライフスタイルの提案と、大都市東京における街づくりの先駆的なモデルの創出を目的に、2009年3月に一夜限りのアートの饗宴としてスタートしました。様々な商業施設や文化施設が集積する六本木を舞台に、現代アート、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなどの多様な作品を街なかに点在させ、非日常的な体験を作り出す本イベントは東京を代表するアートの祭典として年々発展を続けております。
http://www.roppongiartnight.com/2018/