毎年話題の六本木アートナイト2016開催。今年は「ART OF HIBIKI」で来場者を魅了!

六本木の街を舞台にオールナイトで開催される毎年恒例となったアートイベント、六本木アートナイト。年に一度のこの祭典に今年も参加。本年度は「ART OF HIBIKI」と題し、「響」の真髄をご体感いただき、その香味をゆっくりと味わっていただける期間限定のミュージアムバーを出現させました。日本の自然、日本人の繊細な感性、日本の匠の技が響きあう、ジャパニーズウイスキー「響」。これまで発表してきた希少なボトルコレクションが一堂に会し、受け継がれてきた技と想い、たゆまぬ挑戦のあゆみ、日本文化と共鳴する美装を紹介致しました。

まさに美術館さながらの空間の中で、アートを楽しみながらウイスキーを片手に乾杯するシーンも見受けられ、まさに人とアートとウイスキーの「響き合い」を演出することが出来ました。

 

■六本木アートナイトとは

「六本木アートナイト」は、生活の中でアートを楽しむという新しいライフスタイルの提案と、大都市東京における街づくりの先駆的なモデルの創出を目的に、2009年3月に一夜限りのアートの饗宴としてスタートしました。様々な商業施設や文化施設が集積する六本木を舞台に、現代アート、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなどの多様な作品を街なかに点在させ、非日常的な体験を作り出す本イベントは東京を代表するアートの祭典として年々発展を続けております。今回で8年目(7回目)の開催となり、過去6回は春に開催してまいりましたが、今年は「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」にあわせ、秋に開催の季節を映し、さらに日程も1日延長した3日間で開催致しました。

http://www.roppongiartnight.com/2016/

フィールドプロモーションポイント

アートイベント「六本木アートナイト2016」にて商品であるウイスキーの世界観をアート空間として表現しつつ、
ウイスキーの飲用体験スペースを展開。BOOMでは同空間での企画・運営周りを担当しました。

  
イベント
/ ()